ネット上の書き込みや投稿 名誉毀損や誹謗中傷になるのか、ならないのか|岡崎事務所

ご相談窓口

0564-84-5700

受付時間 平日 9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

0564-84-5700

受付時間 平日 9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

弁護士コラム
Column

ネットの投稿、真実であれば名誉毀損にならない?

2021年05月17日
浜松事務所  弁護士 松山 光樹

​​愛知総合法律事務所のホームページをご覧の皆様、愛知総合法律事務所浜松事務所の弁護士の松山です。

​​ 近年、SNSや口コミサイト等、インターネット上で意見を表明できる機会が格段に増えてきています。投稿されたことがある方も多いのではないでしょうか。

​​​ インターネット上の投稿は、誰でも自由にできる反面、投稿時のチェック機能がないことが多いため、トラブルとなりやすいです。インターネット上の投稿でも、名誉毀損に当たりうることがあるので、注意が必要です。

​​ 愛知総合法律事務所では、書き込みをされた方からの相談も、書き込みをしてしまった方からの相談もどちらも対応しています。書き込みをしてしまった方のなかから、時折、「真実を書いたのに問題になるんですか?」と聞かれることがあります。今回は、この点について考えてみようと思います。

​​ インターネットに限らず、名誉毀損は、相手の社会的評価を低下させてはじめて成立します。このとき、内容が真実かどうか自体は問題となりません(真実であっても虚偽であっても社会的評価は低下しうるため。)。

​​ ただ、過去の判例上、その行為が公共の利害に関する事実にかかり、専ら公益を図る目的に出た場合には、その投稿が真実であると証明されたときは、不法行為が成立しない(=損害賠償等の責任を負わない)とされたものがあります。内容の細かい点は今回は言及しませんが、例外的に、内容が真実であった場合に、責任を負わない場合があります。

​​ この例外は、一般的には、かなりハードルが高く、裁判所に容易に認めてもらえるものではありません。

​​ このように、投稿が真実であっても、名誉毀損として責任を追及される場合があるので、「真実を言っているので問題ない。」とは直ちにはいえません。

​​ インターネット上の投稿に関するトラブルについては、他にも注意しなければならない点があります。お悩みの方は、お気軽にご相談いただければと思います。

​​ ---------------------------------------------------------------------------------------------
​ 離婚、交通事故、相続、刑事事件、労働問題、借金問題、様々な損害賠償請求等の悩みを抱えている、浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市をはじめとする静岡県遠州地区近隣にお住まいの皆様、地域の身近な法律事務所として、愛知総合法律事務所浜松事務所にどうぞお気軽にご相談ください。愛知総合法律事務所 浜松事務所のホームページはこちらから